忍者ブログ
すなわち、静岡大学模擬裁サークルに属する委員たちの 悲喜こもごもを、不定期に綴るものである。 ※初めての方は「はじめにお読みください」をご覧ください。
[99]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [76]  [77]  [82
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。
第55回模擬裁判実行委員会委員長です(担当;ナレーター・機材操作・シナリオ・スライド作成)。
4月22日の春公演は、無事終了いたしました。
大学スタッフの方々、諸先生方、OBの方々、公演にご協力くださった皆さん、そして、観に来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。

さて、遅くなってしまいましたが、ご来場くださった皆様にお答えいただいたアンケートの集計が終了いたしました。
コメントをくださった方々には、差し出がましいようですが、わたし(委員長)がコメントをつけさせていただいております。よろしければご覧下さい。

*集計結果*
年齢(回答者;11人)
①10代・・・9人
②20代・・・1人
⑩永遠の18歳・・・2人

ご職業(回答者;11人)
①学生・・・10人
④ニート・・・1人

④の方ですが、ニートの後に、(に憧れる大学生)とありました。


Q1 模擬裁判を見るのは何回目ですか?(回答者;12人)
①初めて・・・10人
②2回・・・・2人
③3回目・・・0人
④それ以上・・0人

1年生の方が多かったのでしょうか?秋公演は、②や③の人数増加が目標です。ぜひ、またおいでください。

Q2 今回の模擬裁を何で知りましたか?(回答者;12人)
①ポスターを見て・・・0人(今回、ポスターは作成しておりません)
②ビラを見て・・・・・3人
③先生や、模擬裁判実行委員会のメンバーから聞いて・・・9人
④以前から知っていた・・・0人
⑤ふと気がついたらここにいた・・・0人
⑥その他・・・0人

ビラ・・・というのは、食堂付近で配ったビラでしょうか?もらってくださった方々のなかに、足を運んでくださった方がいてくださったなら幸いです。

Q3 模擬裁判を傍聴された理由は何ですか?(回答者;12人)
①毎年見に来ているから・・・0人
②厳罰化の話題に興味があるから・・・0人
③飲酒運転事故に興味があるから・・・0人
④法律・裁判に興味があるから・・・・7人
⑤キャスト・スタッフに知り合いがいるから・・・5人
⑥模擬裁判実行委員への同情から・・・0人
⑦その他・・・2人

⑦に関しては、「邦楽と法学をまちがえた」とのコメントがありました。方角もお間違えだったのではないかと思われます。

Q4 飲酒運転や厳罰化の現状について理解していただけましたか?(回答者;12人)
①よく分かった・・・8人
②なんとなく分かった・・・4人
③よく分からない・・・0人
④全然理解できない・・・0人
⑤何ソレ、おいしいの??・・・0人

ありがとうございます。「前みたときよりも理解が深まりました!!」というコメントもありました。脚本担当として、③以下が0で安心いたしました。ちなみに、わたしは未だに④です(笑)

Q5 厳罰化についてどう考えますか?(回答者;12人)
①賛成である・・・3.5人
②反対する・・・・2人
③分からない・・・7人
④どうでもいい・・・0人

③の回答者の中には、「むずかしいですね・・・」とコメントくださった方もいらっしゃいました。本当にそうですよね。
ところで、①の0.5人、というのは、①を破線で囲んだ方がいらしたからです。「飲酒運転は自分もうっかりやらかしてしまいそうなんで、何とも言えませんが、きびしくした方が良い気もします、見せしめ的な意味で。(以下略)」とのコメントも同時にいただきました。くれぐれも「うっかり」やらかさないように気をつけてくださいね。

Q6 今回の劇を観て、貴方の意見は変わりましたか?(回答者;11人)
①変わった・・・4人
②変わらない・・・6人
③もともと意見などない・・・1人

もともと、今回の劇は、「厳罰化についての現状を示しはするが、その賛否について、最終的な結論を出すのは、観客の皆さんに委ねる」というようなスタンスでした。「変わった」という方は、厳罰の賛成から反対に変わったのでしょうか、それとも、反対派から賛成派に移行されたのでしょうか。いずれにしろ、わたしたちの劇が、皆様の中に何かを残せたのであれば、とても光栄に思います。

Q7 今回の判決は妥当だと思いますか?(回答者;11人)
①妥当である・・・3人
②妥当ではない・・・3人
③分からない・・・5人
④寝てました・・・0人

今回下された判決は、どちらかというと、被告人に有利なものです。厳罰とは、言えないと思っております。
実は、今回の被告人役を演じてくれた部員には、「厳罰を思わず下してしまいたくなるほど、ふてぶてしい性格」に映るような演技をお願いしてありました(彼女自身の性格が普段からあんな感じなわけではありません)。「厳罰下したいと思われてそうで、この役を演じるのは嫌だ」と彼女は言っていましたが、どうやらそうでもなかったようですね。
今回の量刑を最終的に決定したのはわたしですが、判例も少ないし、判断材料になるものがなくて、本当に苦労しました。「分からない」と回答くださった方も、同じ気持ちでいらしたのでしょうか?
とりあえず、「裁判官って大変な職業なんだなぁ」っていうのが、劇全体を通してのわたしの感想です(笑)

Q8 来年も来てくださいますか?(回答者;11人)
①いいともーーーーーー!!・・・9人
②( ^ω^)・・・ ・・・0人
③保留・・・2人

まさかこんなに①に丸をつけてくださる方がいようとは・・・本当にありがとうございます。次回は大学祭にて発表を行う予定です。よりよい模擬裁判をお届けしたいと思っております。ぜひまたご来場ください。

Q9 キャストに何か一言ありましたらどうぞ
[コメントをいただいたキャスト;コメント]
・被告人(大橋);あえてなし

・証人(中道);おつかれさまでした!!上手でした♪

・書記官;一言あればよかったね(笑)
 

①から⑫までの番号は、こちらで勝手につけさせていただいたものです。ご了承ください。

①『(中道役の部員名)☆かわいかったよ~
(大橋役の部員名)名演技だった!!
(裁判長役の部員名)、(弁護士役の部員名)は役が似合いすぎっ。
裁判の流れがよく分かりました。』(永遠の18歳・学生)


→アンケートへのご協力、ありがとうございます。被告人役の演技力は、我がサークルでもピカ1と思われます。台本の読みあわせでは、突然台詞をアレンジし始め、検察官役の部員一緒に方言全開で被告人質問をしていた彼女ですが、本番では標準語で話してくれて、本当に良かったと思っています(笑)
ところで、このコメントは、わたしたちの友人から寄せられたものだと思うのですが・・・
・・・ナレーターの名前だけがないのですね・・・


②『・スライドの場面切り替えが早くて字を読むスピードが追いつかない。もう少し間をおいてみては?
・書記官の説明もあればよかったかも
・とてもわかりやすくて、テーマを考えさせるにはとてもよくできていると思います。もっと多くの人たちに見てもらえると意義のあるものになると思います。』(永遠の18歳・学生)

→回答ありがとうございました。
・スライドのスピードについては、他にも多々ご意見をいただいております。何度も何度も作り直し、見慣れてしまっていたので、わたしとしては十分時間をとったつもりでしたし、部員にもチェックしてもらっていたのですが、たしかに、初見では読み取りづらかったかもしれません。次回があるとしたら、部外の友人にもチェックを頼むつもりです。申し訳ございませんでした。
・書記官ですが、彼は、模擬裁判実行委員会の委員ではありません。部外からの、「友情出演」です。ですので、台詞を頼むわけにはいきませんでした。人員不足が解消したら、「書記官の説明」を入れてみるのも、面白いかもしれません。
・ありがとうございます。昨年は「テーマと、劇の内容がかみ合っていない」というご指摘をいただいたので、今回はそこに気を配ってみました。お褒めいただき、光栄です。春フェスタに出てみるのもいいかな・・・と、ちょっと思ってみたり(笑)。
Q8には、「友達を紹介します」とのコメントをくださっていました。ぜひ、次回はお友達といらしてくださいね。お待ちしております。


③『時間の都合等あるので大変だと思いますが、せっかく被害者遺族が登場したので、彼女の意見も聞きたかったです。厳罰化の問題点や、それぞれの罪の特徴など、詳しく知ることができ、役に立ちました。パンフレットを熟読し自分で厳罰化について考えてみたいと思います。ありがとうございました。あと、スライドのスピードがもう少しゆっくりの方がよかったです・・・』(18歳・学生)

→ご意見、ありがとうございます。
被害者遺族が登場ですが、実は、前年度の公演では、彼(その時は、被害者遺族は、被害者の父親)は、厳罰化についての権威である大学教授で、厳罰化について意見を言うシーンがありました。今回は、時間の関係でばっさり切り捨ててしまったのですが。今回の被害者遺族(被害者の妹)役は、裏方を兼任していたのと、彼女自身、シャイな性格でしたので、声のみの出演でした。部員が増えたら、ぜひ、被害者の意見陳述をやりたいと思っています。スライドに関しては、申し訳ございませんでした。わたしの努力不足です。今回の劇が、お役にたてたなら、幸いです。


④『パソコンの字が変わるのが、はやくてちょっとよみとりにくかったです。』(18歳・学生)

→申し訳ございません。たぶん、ご指摘をいただいたのは、最初のスライドであると思うのですが、あれは、「オープニング」のための映像でした。それを一番最初に持ってきたのは、「いきなり劇を始めるのではなく、まずはオープニングを入れることでムードを作って、劇に集中していただこう!!」というのをひそかに目標に掲げていたからです。そのために、「音楽にあわせる」ということを念頭において作った結果、ああなりました。文字の読みやすさについては、努力したつもりではありますが、あれが限界でした。次回からは対策を講じたいと思います。ご意見ありがとうございました。

⑤『予想以上に完成度が高かったです。』(18歳・学生)

→ありがとうございます。シナリオも演技も内容も、まだまだのわたしたちですが、これからも精進していきたいと思っております。次回もぜひご来場ください。

⑥『上映が短くて、分かりやすくまとめてあってよかったです。』(18歳・学生)

→この春公演は、昨年度の秋公演の脚本を下敷きに、リメイクしたものでした。元になった秋公演のほうは、上演に2時間近い時間がかかり「長すぎる」というご指摘を多々いただいておりましたので、今回は「削れるところはすべて削る」というモットーのもと、かなりの部分を省略していました。予想以上に大変な作業で、デメリットもたくさんありました。ですが、1時間以内の上演で済み、こうしてお褒めの言葉をいただけたことで、本当に春の公演に踏み切って良かったと思っています。ありがとうございました。

⑦コメントなし

⑧『スライド?が早くて字が読めなかった。しかし内容はわかりやすくてよかったです。裁判の流れも少しわかって勉強になりました。ありがとうございました。』(19歳・学生)

→スライドに関しては申し訳ございません。今回論告や、冒頭陳述などは省略してしまったので、裁判の流れは分かりにくかったかもしれません。あまり長いと飽きてしまうし、模擬裁判劇というのは、「劇」という側面と、「模擬裁判」という側面の間のバランスが難しいです。ご来場ありがとうございました。


⑨『はじめのPPTはちょっと流れがはやすぎて全部読めなかったのがあった ただでさえむずかしい語&見なれない語&漢字多いよ!!なので心もちあとすこしだけ長く表示していただけるとありがたいです。ナレーターのひそひそ声までバッチリきこえてましたよ☆
あとやっぱりところどころ早口になってききとりづらいところもあったけど全体的にすごく良い!!本当にわかりやすかったです!!ちょっと見ててかんどうしました。あと被告人が嫌な奴だった。見ててちょっと(^ω^♯)ってなりました スーツみんなステキです!! 本当おっかれさまでした!!! とりあえず本当良い劇でした。』(19歳・ニートに憧れる学生)

→たくさんのコメントありがとうございました。昨年も秋公演にも来て頂いたということで、同じテーマでやっている以上、飽きてしまわれないか不安だったのですが、楽しんでいただけたのなら良かったです。追加されたシーン、削除されたシーン、お分かりになりましたでしょうか?
 わたしは、高校の放送部時代から、緊張すると早口になってしまう癖があるので、なおしたいと常々心がけているのですが、やっぱり難しいですね。危険運転致死傷罪だの業務上過失致死罪だのといった言葉は、何度も出てくるくせにすごく噛みやすいので、実はこっそりごまかしていたりもしました。すみません。今度、ナレーター役を務めることがあったら、弱点を克服できるよう頑張ります。また、携帯電話で、裏方のスタッフたちと連絡を取っていたのですが、声が聞こえていたとは思いませんでした。文字のスピードの件とあわせ、失礼いたしました。
 スライドなのですが、難しい言葉が多い、とのことでしたが、法学科で模擬裁メンバーだと、そういった言葉を見慣れてしまうものなんですね。気づけば日常生活で「欠缺」だの「文言」だの使ってしまっていますし。模擬裁の先輩方は、何か事件が起きると「これは刑法で言うと何罪に当たるんだろう」などとついつい考えてしまうそうですが、2年後のわたしもそんな感じになっていそうな気が激しくしてきました・・・
 若干話がそれてしまいましたが、ご来場、本当にありがとうございました。ぜひまた秋もおいでください。あ、あと、被告人は、普段はいい奴です・・・たぶん。

⑩『上手につくってあってすごいと思いました。次回もがんばってください!また観に来ます。』(19歳・学生)

→ありがとうございます。シナリオ担当を名乗っているわたしですが、劇がコンパクトにまとめられたのは、基になったものを書かれた2人の先輩の脚本が素晴らしいものであったからだと思います。秋からは、最初の部分から自分たちで作っていかなければならず、今から不安でいっぱいなのですが、それでも、少しでも良いものを作れたら、と考えております。秋は一応、5月からスタートの裁判員制度を取り入れたい、というのが、現在の方針です。精一杯頑張りますので、ぜひ秋もご来場ください。

⑪『段取りが非常に悪く、内容に集中できなかった。もっと練習してください。劇形式にするならば、まず必要なことだと思います。シナリオ・演技は分かりやすかったです。裁判シーンも難解な部分は少なく、理解しやすかったです。勉強になりました。』(20代・学生)

→貴重なご意見、誠にありがとうございます。「段取り」というのは、開場から開演まで、ドタバタしてしまったこと、照明・スライドの動きが悪かったこと、などが主なものであると反省しております。練習が殆どできなかったのはご指摘の通りです。まだまだ試行錯誤が必要であったものしかおみせできなかったこと、本当に申し訳ございませんでした。心よりお詫びいたします。春公演は、直前まで授業が入っていた者が多く、また、人数不足のため、裏方のメンバーが最小限しかいなかったこともあり、今回のように、観客の皆様をご不快にさせることになってしまいました。秋公演は、大学祭の最中での開催ですので、少なくとも開演直前に慌ただしくなってしまうことはないと思われます。劇中の段取りの悪さについても、要因の追究をし、なんとか改善できるよう、部員一同、より一層努力してまいります。そして、秋公演には、少しでも良いものをおみせできたら、と思います。ご来場くださり、ありがとうございました。

⑫『よくまとまっていて分かりやすかった。一番最初のスライドがカッコよかった』(10代)

→お褒めの言葉ありがとうございます。2回目のご来場だったそうですが、楽しんでいただけたでしょうか。PPTの一部は、前委員長が作っていたものを基にしたのですが、オープニングはわたしの力作です。製作には1ヶ月以上の時間をかけ、試行錯誤のうえで作ったものでした。「カッコよかった」というお言葉をいただき、作者冥利につきます。ありがとうございました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
[11/16 第55代目委員長]
[11/15 S山]
[11/14 T本]
[11/09 A部]
[11/08 O田]
プロフィール
HN:
模擬裁判実行委員会
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
記事別アクセス解析
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』