忍者ブログ
すなわち、静岡大学模擬裁サークルに属する委員たちの 悲喜こもごもを、不定期に綴るものである。 ※初めての方は「はじめにお読みください」をご覧ください。
[193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月16日金曜日模擬裁判実行委員会公演が行われました。

今回の公演は酌量減刑の是非、裁判官の良心等を題材に一般人である裁判員がどのように量刑を決定して行くかという内容でした。
公演は助っ人の皆さん含めたメンバー全員が練習してきた成果を発揮でき、それぞれ充実感、達成感を得られたと思っています。公演にあたって多くの方々にご協力いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2週間後の11月30日には反省会と引継ぎが行われ、今回の公演の反省点として主に挙がったところは
・広報活動が不十分だった
・声が聞き取りづらいところがあった
というところでしょうか。内容については分かりやすかったとの意見が多く、また、酌量減刑について様々な意見をアンケートに御記載下さっていたので、私たちとしては嬉しい限りでした。

引継ぎ作業を行う前に来年度も活動を行うか、議論する場面がありました。今回の公演ではメンバー全員が平等に負担するべき仕事が一極に集中してしまい、かなりの重荷を背負ってしまった人がいたこと、また公演に対する意識が低い者がいて、そのような中で活動を行う意味があるのかという内容が挙がりメンバーで話し合いました。
結果だけ言わせてもらいますが、残念なことに今回の公演を機に去ってしまう方もいました。しかし来年は今年の反省を生かして良い公演を作りたいと言ってくれたメンバーもいたことから来年度も活動を続けて行くこととなりました。今回去ってしまう方々もここまで協力して頂いたこと感謝します。

こうして第58回模擬裁判実行委員会は幕を閉じ、第59回模擬裁判実行委員会の幕開けとなりました。
このブログをごらんの皆さん、これからも模擬裁判実行委員会を温かく見守って下さると光栄です。

今回のブログ更新は第58回模擬裁判実行委員会委員長k賀美でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
最新CM
[11/16 第55代目委員長]
[11/15 S山]
[11/14 T本]
[11/09 A部]
[11/08 O田]
プロフィール
HN:
模擬裁判実行委員会
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
記事別アクセス解析
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』